大分県のある地域(お湯が出る街)で、将来の作家業を夢見る社会人一年生のひとりごとです。 お聞き苦しいかとは思いますが、初心者マークをいつまでも貼り続ける気持ちで、少しずつ何かを書いていくつもりです。
yassi's MONOLOGUE
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
オーディオシステム
2006-12-29-Fri  CATEGORY: きくみるあそぶ
ただいま、
実家に帰省中です。

昨日から、父親が昔買ってたクラシックのレコードを、
引っ張り出しては聞いていますが。

つい数ヶ月前まで見向きもしなかった事柄に、
こんなにも夢中になれるなんて、
人間の可能性というヤツはすごいですね。

実際、好きになると決めたことは、
うまくいっているような気がします。

つまり、自発。

自分からやろうと思うことは、本当に強い、
誰かにやらされることほどつまらないものはない。

そう思います。

では、教育とは、そういった可能性を引き出すことなのでしょうか。

僕は少しばかり違うと思います。
少なくとも、受験というものがあるうちは。


 * * *


衛星放送で、ウラディーミル・アシュケナージ指揮の
N響コンサートをやっていました。

なんというか、球根から花が一気に開くような、
指揮姿。とても愛らしい指揮でした。

一度だけ、コンマスとの握手を拒否していたのはなんでだろう、
と不思議に思いますが、演奏は素晴らしいものでした。

特にドビュッシーの交響詩「海」は、
潮騒の音まで聞こえてくるような味わいがあったように思います。

父親が、アンプなどを自作する人なのですが、
やはりミニコンポで聞く音とは全然違うのですね。
いままでそういうのは、よくわからなかったのですが。

なんだか、液晶の進化みたいです。
昔の256色しかなかった液晶が何十万色という、発色に輝くように、
オーディオのシステムを変えるだけで、からだが感じる色が増えるのです。

これは、なんというか、その、

快感です。


ロリン・マゼール指揮のベートーヴェン交響曲7番を聞きました。
(のだめで有名になった)

C.クライバー盤と、トスカニーニ盤は持っているのですが、
マゼールは初めてでした。

この三人を比べると。

トスカニーニ→エッジを効かせたパラレル
マゼール→リズミカルなモーグル

クライバー→  直滑降

という感じですかね。

今はクライバーが好きですが。
第1楽章は、マゼールの方が音にどっしりとした重さがあって、
いい感じがします。

5番に限って言えば、トスカニーニがダントツですが。

そういえば、ベートーヴェンの指揮といえば名高い、
フルトヴェングラー盤は、何一つ持っていません。

誕生日も同じことだし、(関係ない)
そのうち手を出してみようかな、とおもいます。



いやぁ、しかし、お高いシステムは本当にいいですね。


お金さえあれば・・・。

早く小説を書いて、お金をつぎ込みたいですね。

もちろん、一部ですよ。

未来のお嫁さん候補は、ご心配なく。(もちろん募集中)




スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 yassi's MONOLOGUE. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。