大分県のある地域(お湯が出る街)で、将来の作家業を夢見る社会人一年生のひとりごとです。 お聞き苦しいかとは思いますが、初心者マークをいつまでも貼り続ける気持ちで、少しずつ何かを書いていくつもりです。
yassi's MONOLOGUE
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
水の戯れ
2006-12-18-Mon  CATEGORY: きくみるあそぶ
ラヴェルって・・・いいな。

こんばんは。皆さん。(フランス語で)

のだめカンタービレの影響で随分とクラシックにはまって、
生活費が大変なことになりつつあります。

まあ、普通のCDより安いものがほとんどなので、ついつい、
買ってしまうのですが。
甘いお酒ほどあとがこわい、ということですかね。

マルタ・アルゲリッチの「水の戯れ」を聞きながら書いています。
先日はツィマーマンの話しを書きましたが、アルゲリッチのピアノは、
ツィマーマンとはまた違った意味で素晴らしいですね。

まさに、冷たい水が水滴となって熱い身体にふってくるような、
そんな本当に瑞々しい演奏なのです。

冷たい、と熱いという両方が感じられるのがアルゲリッチの素晴らしいところではないのかと思いますが、どう鍵盤を押せばそのように鳴らせるのか、不思議ですね。


余談ですが。
今書いている小説は、アルゲリッチのピアノに似ています。
文字の羅列を考えるとき、常にピアノを意識しています。

音符の配置が、感性を揺さぶるように、僕が書いた文字が読者の心に意図した波をたてられるように苦心中です。


キーボードを叩くときに、鍵盤を思い出してしまいますね。

ピアノなんて弾けませんが。




・・・ワッフル、ワッフル。(フランス語で)
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 yassi's MONOLOGUE. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。